自営業住宅ローンは審査が厳しい?

一般のサラリーマンと違って、自営業の方は収入が安定しません。
多く稼ぐ事もありえますが、経済状況によっては大きく減収する事もありえます。
ですから自営業の方が、自営業住宅ローンで住宅を購入する際は、かなり審査が厳しい事になります。
ある程度安定した経営で有る事を確認するために、最低3年分の損益計算書と貸借対照表の提出を要求されます。
先ずは自営業が最低3年間黒字経営で有る事、そして自身の収入が確保されている事を確認するために、提出させられます。
黒字にすることはある程度事業収入が有れば、自身の報酬を減らせば可能です。
自身の報酬も有る程度あり、そして事業として黒字経営で有る事を両立させておかないと、先ず審査に通りません。
そしてそこをくぐりぬけたら、当然他の借り入れが有るか慎重に審査されます。
事業を経営しているという事は、他から借り入れが有る可能性が高いからです。
それらをクリアしてやっと審査に通り、自営業住宅ローンを組んでもらえて、住宅を購入することが出来ます。
http://www.jieigyo-sinsa.com/