住宅ローンの借入限度額と年収とは?

住宅の購入資金は一般的に収入を大きく上回る高額となるため、支払いのために住宅ローンを組む必要があります。
ローンを組む際ぶ重要な目安となるのが年収です。
ローンの月々の支払いが高額となってしまい、日常生活に支障を生じるようでは住宅を購入する意味がなくなります。
また、ローンの支払いは長期間になるため、完済までの間に収入を維持できるかなどの点についても考慮しなければなりません。
住宅ローンの審査では、返済負担率の観点から年収の7倍程度が貸付けの上限とされています。
返済負担率とは、年間の返済金額の総額が年間の収入に対してどの程度の比率になっているかを指します。
しかしながら、余裕を持って返済するためには、一般的に年間収入の5倍程度が相当といわれています。
当然ながら、返済負担率は年間収入の額によっても異なります。
3000万円のローンの場合では、年間収入が300万円ぼ場合では返済比率が約10倍程度に、年間収入が600万円以上では返済比率は約6.5倍程度となります。
住宅ローンの審査では、債務者の借入時と完済時の年齢なども考慮しますが、年収に対する審査についても極めて高い重要度を有しています。
住宅ローンの審査基準に通らない理由とは?