行政書士というのは法律だけ勉強ていたら受かると言うものでもありません

行政書士は法律系の資格の中では割と取得難易度が低い方の資格になると思います。
行政書士の試験は勿論、法律に関する問題が出るのですが、それだけではないのです。
一般常識のような問題が同時に出ることになっています。
それは大学受験で扱うような現代文とか、時事とかそういったものです。
ですから、法律科目についても勉強をしていかないといけませんが、それだけでは合格は難しいということになります。
法律科目以外の教養の科目についても同時に勉強をしていって、それを合わせて一定の点数以上をとれると行政書士の資格を取得することができるのです。
こういった試験の傾向を見ると法律だけ知っていてもダメで、一般的な教養が行政書士にも求められるということなのでしょう。